取引を行なう

遠くに見える高層マンション

投資効率を上げる事ができる先物取引を始めるならまずリスクを抑える為の情報を把握しておきましょう。事前に調べておく事で損失を防ぐ事が出来ます。

定期的に体験会を行なっていますよ。キャッシュフローゲームをしてあらゆることを学習して下さいね。今後の役にたつでしょう。

先物取引は、株式の現物売買と違って、わずかな証拠金を入れれば始めることができます。株の現物売買の場合、銘柄にもよりますが、何十万円も証券会社に入金しなければならないので、気軽に始めるというわけにはいかないのが実情です。ただし、先物取引の場合も、会社によっては100万円くらいの入金を要求するところがあります。また、先物取引は株よりも短期間で利益を出すことができます。なぜなら、「売り」から入ることもできるからです。つまり、株の場合、買った銘柄が下落すれば損になってしまい、値上がりするまで待つしかありませんが、商品相場の場合、これから下落するだろうと予想できれば、「売り」を入れることができ、思惑通り値下がりすれば利益が発生するのです。しかし、思惑とは違う展開になると、早めに損切りをして決済してしまわないと追加の証拠金を入れなければならなくなるので、注意しなければなりません。

先物取引を始める際の証拠金は各商品によって違います。もっとも取引額が多い東京商品取引所の原油やガソリンなどは15万円程度は必要になります。しかし、同じガソリンでも、中部ガソリンは2万4千円程度で済みます。ただし、東京ガソリンで儲かった場合は、実際に出た利益の50倍が自分のものになりますが、中部ガソリンは、10倍にしかなりません。当然、損した場合もおなじく50倍になってしまいますが。また、農産物などはもう少し安く、東京穀物商品取引所の大豆で4万円くらいです。ただし、上にも書きましたが、先物取引の会社によっては証拠金と同じ額のお金を入れただけでは取引させてもらえないところがあります。損が出た場合に備えて、証拠金の倍以上のお金を入金することを要求するところもあるのです。

写真ギャラリー

お金を持っている男女

注目の記事

オススメリンク