市場の動向

電卓と家の模型

先物取引はさまざまな商品の種類が存在しており、商品先物(金、銀、石油等)、金融先物(債券、株価指数等)、国債先物等が代表的なものです。先物の価格が市場取引によって決まっており、毎日変動してきます。また先物取引は市場動向によっては大幅に変動する可能性があるため、ハイリスクでハイリターンな商品となっています。取引はほぼ24時間行うことが可能であり、多くの投資家が取引を行っています。最近ではインターネット等が普及しており、高速な取引手法を使って取引されています。先物価格は国際情勢に問題が発生した際に大きな変動する可能性があります。投資を行う際には、商品の特徴をきちんと理解した上で売買を行う必要があります。

先物取引は商品によって特徴があります。例えば原油先物の場合には、国際的な原油在庫量や為替動向、国際情勢によって大きく変動します。原油資源で利益を上げている国家については、採掘量を調整することで原油価格を調整することが可能です。また内戦や国家間の争いごとが発生した場合には採掘量を調整することがあるため、価格が急上昇することがあります。その他にも金の先物取引については、安全資産として扱われているため、世界的な景気不安の際に大量に買われることがあります。リーマンショックや欧州金融不安の際には、金の先物価格が高騰しました。安全性が高い国債と組み合わせて金を保有することが多く、金価格が金融市場のリスク度合いを示すとも言われています。